受賞者からのメッセージ

オンライン試着システムの販売と、
着せ替えサイト「キテミル」の運営

2016年度 優秀賞
株式会社キテミル 代表取締役

岩崎 恭治さん

web上で自由に着せ替えできる試着システムを

私が起業を志したのは、会社員時代に経営企画のサポートをする機会があり、自分でも何か新しいビジネスを作りたいと思ったことがきっかけです。ネットで販売している洋服がスマートフォンやPC上で自由に着せ替えできたら、自分の持っている洋服も合わせて自由に着せ替えができたら、ショッピングにも、毎日のコーディネートを考えるのにも役立つのではと考えました。現在、試着システムはまだほとんど普及していません。その理由は、試着用に商品を撮影する手間と価格が問題だと考えて、それらを解決することで誰でも気軽に使える試着システムを作り、それを広く展開することができればと考えました。そこで8年前、今のキテミルとは違う方法で1度起業しましたが、なかなかうまくいかず、一旦事業をたたみました。しかし、その後もアルバイトをしながら、自分でプログラミングと画像加工技術を学び研究を重ね、2年前、商品画像を加工するだけで試着画像にできる今の方法を考え出し、2度目の起業に向けて動き出したのです。

セミナー・個人相談のアドバイスが受賞の力に

起業準備には、落ち着いて作業できる場所を確保したくて、1年ほど前からコワーキングスペース・ミタカフェを利用しました。ビジネスプランコンテストへの応募準備としては、まずはまちづくり三鷹主催の「みたか身の丈経営塾」のビジネスプラン作成セミナーに参加し、そこで作ったプランをミタカフェのコーディネーターに見て頂きました。この2つが非常にためになりましたね。ここで具体的なアドバイスを頂いたことで、より精度の高いプランにブラッシュアップできたように思います。

受賞後は、それまでの不安が自信に変わりましたし、ビジネスプランコンテストの会場で名刺交換をした金融機関から、融資を受けることもできました。特典で三鷹産業プラザの「マイデスク」を半年間無料で使わせて頂けるのもありがたいですね。

起業したい人にとって、三鷹は非常にいいサポートをしてくれます。ぜひこのビジネスプランコンテストをきっかけに、チャンスを掴んでほしいと思います。

 


 

祭で日本を盛り上げる
オマツリジャパン!

2014年度 優秀賞
株式会社オマツリジャパン 代表取締役

加藤 優子さん

お祭りを盛り上げ、日本を元気に!

きっかけは、東日本大震災があった年の青森ねぶた祭りでした。その年は例年になく観光客が少なく、今年は寂しいものになるのかなと思っていたんです。ところが、いざ始まってみると、地元の人がぞくぞくと集まってきて、めちゃくちゃ楽しそうに跳ねてるんですよ。それを見て、ひょっとしたらお祭りは、日本の元気なんじゃないかな、と感じました。また、お祭りは経済効果も大きいので、お祭りが盛り上がれば、人と人をつなぐコミュニティにもなるし、経済を活性化させることもできます。これは、面白いビジネスになるんじゃないかと思ったことが最初でした。

その後、「オマツリジャパン」というFacebookページを立ち上げ、はじめはお祭り情報などを投稿していましたが、同じお祭り好きのパートナーと出会い、一緒に活動するうちに、商店街からお祭り支援の引き合いが増えるなど、徐々に収益化できるようになってきたのです。そこで、本当にこの活動がビジネスとして通用するのかを試してみたくて、コンテストに応募しました。

受賞がなければ今の「オマツリジャパン」はない

前例のないビジネスでしたので、プラン作成では特に資金計画で苦労しましたが、熱い想いをぶつけました。受賞後は自分に自信がつきましたし、このまま進めていいんだという力になりましたね。ここで受賞していなければ、今のオマツリジャパンはなかったかもしれません。また、受賞者特典として、「SOHOパイロットオフィス」の会議室を使わせて頂けたのもありがたかったです。「オマツリジャパン」はサポーターがたくさんいるので、みんなで集まれる場所が欲しかったのです。それから、人のつながりもできました。コンテストをきっかけに三鷹の商店街を紹介していただき、今でも本当に仲良くさせて頂いています。これからも「日本のお祭りのインフラ」を目指し進んでいきたいと思っています。

ビジネスプランコンテストは、自分のプランをブラッシュアップでき、プレゼンの練習もでき、コメントももらうことができます。得することはあっても、損することは何もありません。もし応募を迷っている方がいたら、ぜひ挑戦してみてください。